フェルトハットの「フェルト」とは動物の毛を加工した素材を指しています。動物の毛といっても全ての動物ではありません。羊やラクダなど加工する事で断熱性に保温性、そしてクッション性や防音性に優れた素材になるものだけに限ります。そのためフェルトを用いた帽子は寒い季節のファッションアイテムとして使用されている事が一般的です。使用する期間の目安は10月から3月までとなります。レディースもメンズも使えるフェルトの帽子ですが、2016年にレディースのファッションで大流行しました。特に人気を集めたのはツバが広い黒色の帽子です。帽子を被っただけで大人っぽくコーディネートできるという手軽さから女性たちの間がトレンドとして取り込み、春にはベージュ色のフェルトの帽子が「顔周りを明るくしてくれる」や「コーディネートをアップしてくれる」など評判を呼んで注目を集めました。

フェルトハットの魅力とは、その1

フェルトの帽子の魅力、それはカジュアルとフォーマルを両立させている点です。フェルトの帽子のフォルムはフォーマルな服装に適していますが、ジャケットにTシャツ、パンツというラフな格好でも用いる事は出来ます。フェルトの帽子を被るか被らないだけでファッションの印象が様変わりします。この点はレディースにもメンズにも該当します。男性が用いれば清潔感と格好良さが増し、女性が用いればセレブのような洗練された雰囲気になります。しかしどこかカジュアルなところもあるので、そのため町中を歩くような場面から友人と高級なレストランに赴くような場面など様々な状況で活用できます。気楽なカジュアルと気品があるフォーマル、この2つの要素が組み合わさっただけで素晴らしい魅力にあふれています。

フェルトハットの魅力とは、その2

フェルトの帽子のもう一つの魅力は、ファッションの初心者でもコーディネートできる点です。先述したようにフェルトの帽子は被っただけでファッションの印象を変えてくれます。つまりファッションに詳しくない人間でも簡単に工夫できるというわけです。特にフェルトの帽子は色によって雰囲気が変わります。赤色や緑色のフェルトの帽子はクリスマスがある冬に向いていますが、春には適切ではありません。春にフェルトの帽子を被るならベージュかグレーです。当たり前ですが、女性らしい上品さと柔らかさがあるベージュとグレーは春らしいカラーリングとして広く知られています。そのためファッションアイテムであるフェルトの帽子にもカラーリングの常識が当てはまります。付け加えるなら、ツバの広いタイプであれば大人らしい魅力を引き出す事ができます。